99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった。 

悪い相性を乗り越える
“第一の秘策”

 前回、生まれながらにして相性が悪い、相剋(そうこく)の関係を見て、
「できることなら、そういう人とはつき合いたくない!」
 と誰もが思ったかもしれませんが、社会人として生きていくためには、そう言ってもいられません。

 ビジネスでは、好き勝手にパートナーを選べないのですから、たとえ相性が悪い相手でも、うまくつき合っていくことが求められます。

 そもそも、生まれながらの「気性」が合わない「火の九紫」と「水の一白」(本書では誰もが当てはまる9タイプを『9code判定法』として紹介)のような、相性が悪い関係はどう乗り越えればいいのでしょうか?

 九紫と一白は、「火」と「水」なので、真逆の気性です。

 ここを乗り越える第一の秘策は、【相手を尊敬し合う精神を持つ】ことです。

 ここまで真逆の場合には、違いすぎているからこそ引かれ合い、尊敬し合う関係になることが理想なのです。

 真逆だからこそ、自分が持っていないものを相手は持っているので、互いの持つすばらしい面を補い合う関係にできれば、相性の悪さを乗り越え、ある意味最強のパートナーになりえるでしょう。

 確かに、相剋の関係は一歩間違えると、互いのよさを薄めてしまいますが、こうなってしまうのは、自分とは異なる相手の「気性」を認めていないからです。

 だからこそ、『9code(ナインコード)占い』をしっかり学び、相手に対する理解を持って接すれば、相性のよし悪しという悩みは、意外と簡単に解決できるようになります。