[東京 29日 ロイター] - 安倍晋三首相は29日、国家安全保障会議(NSC)後、官邸内で記者団に対し、「北朝鮮のミサイル発射直後から動きを完全に把握していた。万全な対策を取ってきた」と述べた。

そのうえで「これまでにない深刻かつ重大な脅威。(北朝鮮に)断固たる抗議を行った」と言及。国連安全保障理事会に対し緊急会合の開催を要請し、北朝鮮へのさらなる圧力の強化を求める考えを示した。

*見出しを修正します。