[東京 29日 ロイター] - 総務省が29日発表した7月の完全失業率(季節調整値)は2.8%で、前月から横ばいとなった。3%を下回るのは2カ月連続。厚生労働省が発表した同月の有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍と1974年2月以来、43年5カ月ぶりの高水準で、雇用情勢は改善基調が継続している。

完全失業率は、ロイターの事前予測調査で2.8%と予想されていた。

季節調整値でみた7月の就業者は前月比14万人増の6545万人だった。完全失業者は同1万人増の190万人。非労働力人口は同6万人減の4367万人となった。

この結果、完全失業率は2.8%と前月から横ばい。1994年以来、23年ぶりの低水準での推移となっている。完全失業者は男性が同8万人増となったが、総務省によると、自発的に離職する人の増加が要因という。

有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍と前月の1.51倍から上昇した。ロイターの事前予測調査では1.52倍が見込まれており、結果はこれと一致した。有効求人数は前月比0.0%減、有効求職者数は同0.4%減だった。新規求人倍率は2.27倍で、前月から上昇した。

*内容を追加しました。