[東京 29日 ロイター] - 安倍晋三首相は29日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けてトランプ米大統領と緊急の電話会談を行ったことを明らかにした。会談は約40分間で、安倍首相は「日米の立場は完全に一致した。(今回の弾道ミサイル発射は)これまでにない深刻かつ重大な脅威。ただちに国連安保理の緊急会合を開催し、北朝鮮に対し圧力を強めることで一致した」と語った。

安倍首相はまた、トランプ米大統領から「同盟国の日本と100%共にあるとの力強いコミットメントがあった」と述べ、国際社会とも連携し、対応する考えを示した。

会談後、官邸内で記者団に述べた。