[ソウル 29日 ロイター] - 北朝鮮が29日朝に弾道ミサイルを発射したことを受け、米韓の統合参謀本部議長が電話で会談し、北朝鮮に対して軍事的措置を含む厳しい対応措置を講じることで合意した。韓国の聯合ニュースが韓国軍の話として伝えた。

両国の軍トップは「米韓同盟の強い決意を証明する、軍事的措置を含めた対応措置をできるだけ早期に講じる」ことで合意したという。

韓国ソウルの合同参謀本部から報道内容の確認は得られていない。