[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米大統領は、オバマ前大統領が設けた地方自治体の警察への装備品供与制限を無効にする大統領令を発令した。ホワイトハウスが明らかにした。

2014年に米中西部ミズーリ州ファーガソンで起きた白人警察官による黒人青年射殺事件をきっかけにした住民の抗議行動では、警察官が装甲車両などを使って鎮圧したことから、警察の重武装に対する批判が高まった。これを受け、オバマ前大統領は、武装車両・航空機などを州や地上自治体の警察に供与することを禁じた。

セッションズ司法長官は28日、ナッシュビルでの会合で、こうした制限は行き過ぎだとの考えを示していた。

一方、一部共和党議員は大統領令を批判。共和党のランド・ポール上院議員は「犯罪の削減や解決で連邦政府当局者が地方自治体と協力することと、連邦政府が地方自治体の軍事化を援助することは別の事だ」と指摘し、地方自治体に対して一部の装備品供与を禁止する法案を提出する意向を示した。