[北京 29日 ロイター] - 中国外務省の華春瑩報道官は29日の定例会見で、北朝鮮によるミサイル発射を受け、すべての関係国に自制を呼び掛けた。

同報道官は、北朝鮮が国連決議に違反してミサイルを発射することには反対だとしつつ、制裁と圧力では北朝鮮問題を解決できないと指摘。米国と北朝鮮に対話するよう求めた。

また、オーストラリアのターンブル首相は、北朝鮮の主要な同盟国で貿易相手国でもある中国がもっと行動する必要があると指摘。オーストラリアのラジオに対し「中国は圧力を強めなければならない。中国はこれまで、他国と同じように北朝鮮のミサイル発射を非難しているが、独特の影響力を有しているために独特の責任も負っている」と述べた。