[ソウル 30日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は30日、金正恩朝鮮労働党委員長が米韓合同軍事演習への対抗措置として29日に中距離弾道ミサイル「火星12」の発射を指揮したと報じた。

KCNAによると、金委員長は「実戦のようなこの弾道ロケット発射演習は、太平洋における朝鮮人民軍の軍事作戦の第1段階であり、グアム封じ込めに向けた意味ある序幕だ」と述べた。

*見出しを修正しました。