[ブリュッセル 29日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱を巡る第3回交渉が行われ、欧州委員会のユンケル委員長は29日、英国との通商協議開始は離脱交渉の懸案が決着した後になるとの認識を強調した。

ユンケル氏はEU大使との定期会合の場で、「英国政府が作成した(交渉の立場を示す)文書を注意深く読んだが、どれ一つとして十分な内容ではなかった。解決しなければならない問題は山積している」と述べた。

その上で「明確にする必要があるのは、離脱に絡む問題が全て解決する前に、われわれが英国とEUの新たな通商関係を巡る交渉に乗り出す可能性はない点だ」とし、「未来に期待する前に、まずは過去を清算する」と明言した。