[北京 30日 ロイター] - 中国の商務省は、米国、欧州連合(EU)、シンガポールから輸入している水素化ブチルゴムについて反ダンピング(不当廉売)調査を開始したと発表した。

同省によれば、水素化ブチルゴムは主に耐熱材料の製造に用いられる。