いつもの冷蔵庫の食材が簡単! 贅沢レシピに大変身! もう献立に迷わない!
テレビで話題沸騰! 「伝説の家政婦」志麻さん注目の処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』がいよいよ発売直前で話題となっている。
ふだんお家で食べたことのない「ラタトゥイユ」、「豚肉のビール煮」、「お米のニース風サラダ」、「ローストビーフ」、「アッシ・パルマンティエ」、「タンドリーチキン」、「農家の野菜スープ」、「チョコレートムース」など、フランス家庭料理から、和洋中、エスニック、おやつまで秘伝のレシピが多数収録され、ふだん料理をしない人でも、手早く簡単に作れてしまうというから驚きだ。
冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単! 贅沢レシピ」に変身するのか? 
これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
3時間で15品以上作るという志麻さんを、担当編集が直撃したレポートをお送りする(撮影:新居明子 、構成:寺田庸二)。

3時間一本勝負の
“即興料理”

志麻(しま)
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店で15年働く。家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録し、1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンとなる。予約表に登録すると30分以内に予約で埋まり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。各家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で、フランス料理、和洋中など世界各国の料理に腕をふるう。各家庭の家族構成や好みにきめこまやかに応じた料理が人気でリピーターが絶えない。フランス人の夫と生まれたばかりの子どもと3人で暮らす。

『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で大きな話題となっている「伝説の家政婦」志麻さんは、プロの出張料理人です。

 日本とフランスの調理師専門学校で学んだ後、フランスの三つ星レストランで約半年間研修し、プロとしての心構えや技術を習得。その後、日本の有名フランス料理店で15年間働きました。

 特に、日本の有名フランス料理店では、料理の技術を徹底的に学び、「生産性」を極限まで高めながら、手際よく、おいしい料理をつくる日々をすごしていました。

 それが、いま、各家庭での3時間一本勝負の出張料理に生きているそうですから、人生で無駄なものはないですね。

テレビ撮影での
3つの依頼

 志麻さんによると、テレビ撮影中にお客様から3つの依頼があったそうです。

 1つめは、お歳暮でもらったつくだ煮をなんとかおいしいレシピにしてもらえないか。
 2つめは、インスタントラーメンを使ったおいしいレシピを作ってほしい。
 3つめは、余ったジャムをなんとかしてくれないか、というもの。

 まず、つくだ煮は、おかかと同じ感覚で使えると思い、「きゅうりのあえもの」に。

 次に、インスタントラーメンは、エスニックの「ヤムウンセン」が浮かび、かためにゆでて野菜を入れ、「ヤムウンセン風のサラダ」に変身。

 最後のイチゴジャムは、かぶとサラダの上に「フルーツソース」として活用。マーマレードジャムは豚肉や生姜と合うので、冷蔵庫にあった薄切り豚肉で「生姜焼き」を作りました。

 生姜焼きにはキャベツの千切りが合いますが、「作りおき」を意識して、「ゆできゃべつ」を生姜焼きの下に敷くと、生姜焼きソースがキャベツに絶妙にしみ込んでおいしいそうです。

 このように、お客様からの急なリクエストにもすぐに応えられるのが、志麻さん人気の大きなポイントかもしれません。