[京都 30日 ロイター] - 来日中のメイ英首相は30日、英国の欧州連合(EU)離脱後の貿易協定について、当初はEUが他国と結んでいる貿易協定と同じ内容にするとしても、後で変更することは可能との認識を示した。

メイ首相は英国とEUは将来の関係に焦点を絞るべきと主張。「EUからの離脱後、まずEUが他国と結んでいる現行の貿易協定をベースにスターとするとしても、われわれが将来、再交渉と内容変更を望んだ場合、それは英国とその国次第だ」と述べた。