[ニューヨーク 30日 ロイター] - 30日の米国株式市場で主要株価指数は上昇した。市場予想を上回る第2・四半期の米国内総生産(GDP)改定値が、米朝間の緊張の高まりに対する懸念やハリケーン「ハービー」の影響に関する不透明感を押し退けた。

第2・四半期の米GDP改定値は年率換算で前期比3.0%増と、速報値から上方改定された。個人消費と設備投資の底堅さを反映した。

企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した8月の全米雇用報告で、民間部門雇用者数が23万7000人増と、市場予想を上回り、今年3月以来5カ月ぶりの大幅な伸びとなったことも市場心理を強気にさせた。

ステート・ストリート・グローバル・マーケッツ(ボストン)のマクロ・ストラテジスト、ジョン・ヴェリス氏は「マクロ経済がどれだけ持続可能なのかというのは疑問だが、ファンダメンタルズをみる限り、まだ大丈夫。GDPによって確認された」と指摘。市場に資金を投じ続ける要因は多いとの見方を示した。

トランプ米大統領は同国内の法人税を15%に引き下げたい意向を示したが、米政府は新たな税制案を提示していない。税制改革はトランプ氏の選挙公約の目玉の1つであり、トランプ氏の大統領就任以来、議会通過への期待感が株高のけん引役となっている。

一方、トランプ氏が北朝鮮との外交交渉に否定的な見方を示したことを受け、米朝間の緊張は高まったもよう。トランプ氏は北朝鮮が日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射した翌日、ツイッターで「対話は解決策でない」と投稿した。

しかし、米国のマティス国防長官は北朝鮮との外交解決の可能性を排除しない考えを表明した。

個別株では米税務・会計サービスのH&Rブロック<HRB.N>が8.3%安の26.81ドル。第1・四半期の赤字が予想以上に膨らんだ。

半面、ドローンを手掛ける米エアロバイロメント<AVAV.O>が18.2%高の46.52ドル。第1・四半期の赤字が予想ほど落ち込まなかったうえ、売上高が予想を上回った。

米半導体メーカーのアナログ・デバイセズ<ADI.O>は5.2%高の83.72ドル。第3・四半期決算や第4・四半期の見通しが予想を上回った。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所で値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を上回り、比率は1.66対1だった。ナスダックは1.69対1で値上がり銘柄数が上回った。

52週高値更新は約376銘柄、52週安値更新は245銘柄だった。

米取引所の合算出来高は約51億2000万株。直近20営業日平均の約58億4000万株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21892.43 +27.06 +0.12 21859.76 21914.26 21839.47 <.DJI>

前営業日終値 21865.37

ナスダック総合 6368.31 +66.42 +1.05 6308.68 6374.48 6303.57 <.IXIC>

前営業日終値 6301.89

S&P総合500種 2457.59 +11.29 +0.46 2446.06 2460.31 2443.77 <.SPX>

前営業日終値 2446.30

ダウ輸送株20種 9309.79 +72.61 +0.79 <.DJT>

ダウ公共株15種 743.16 -3.31 -0.44 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1103.69 +18.83 +1.74 <.SOX>

VIX指数 11.22 -0.48 -4.10 <.VIX>

S&P一般消費財 708.61 +4.90 +0.70 <.SPLRCD>

S&P素材 341.85 +2.47 +0.73 <.SPLRCM>

S&P工業 579.91 +1.87 +0.32 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 561.53 -0.17 -0.03 <.SPLRCS>

S&P金融 408.48 +1.72 +0.42 <.SPSY>

S&P不動産 201.94 +0.98 +0.49 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 459.21 +0.15 +0.03 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 922.64 +5.21 +0.57 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 157.66 -1.01 -0.63 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1004.93 +8.33 +0.84 <.SPLRCT>

S&P公益事業 277.22 -1.21 -0.43 <.SPLRCU>

NYSE出来高 6.46億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 19565 + 45 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 19565 + 45 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)