いつもの冷蔵庫の食材が簡単! 贅沢レシピに大変身! もう献立に迷わない!
「沸騰ワード10」(日本テレビ系)で話題沸騰中の 「伝説の家政婦」志麻さんが、ついに待望の処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』を発売! たちまち大きな話題となり、重版が決まった。
ふだんお家で食べたことのない「タンドリーチキン」、「農家の野菜スープ」、「ラタトゥイユ」、「豚肉のビール煮」、「お米のニース風サラダ」、「ローストビーフ」、「アッシ・パルマンティエ」、「ハヤシライス」、「メンチカツ」、「チョコレートムース」など、フランス家庭料理から、和洋中、エスニック、おやつまで秘伝のレシピが多数収録され、ふだん料理をしない人でも、手早く簡単に作れてしまうというから驚きだ。
冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単! 贅沢レシピ」に変身するのか? 
これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
3時間で15品以上作るという志麻さんを、本書担当編集が直撃したレポートをお送りする。
(撮影:新居明子、構成:寺田庸二)

エスニックなのに、子どもが喜ぶ理由

志麻(しま)
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店で15年働く。家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録し、1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンとなる。予約表に登録すると30分以内に予約で埋まり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。各家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で、フランス料理、和洋中など世界各国の料理に腕をふるう。各家庭の家族構成や好みにきめこまやかに応じた料理が人気でリピーターが絶えない。フランス人の夫と生まれたばかりの子どもと3人で暮らす。

 志麻さんによると、様々なご家庭の奥様にはエスニック好きが多いのだとか。
 ただ、うちもそうですが、小さいお子さんがいると、なかなか外出してエスニック料理とはいかないもの。
 そこで、お勧めしたいのが、数ある志麻さんレシピでも大人気の「タンドリーチキン」です。

 本書p20に「作り方」がありますが、身近な材料で本格的な味。ヨーグルトソースにつけ込んだらフライパンで焼くだけと大好評です。

 そこで編集担当の私も、レシピどおり作ってみました。
 すると、家族からも大好評! 食べる前はあんなにペチャクチャうるさかったのに、食べ始めると一心不乱にタンドリーチキンをむしゃむしゃと! みんな無言で、ごはんが進む、進む!
 一夜にしてわが家の定番レシピとなり、いまやわが家のレシピの中でも“東の横綱レシピ”に昇格しました。

 従来のタンドリーチキンはスパイシーなイメージですが、志麻さんのタンドリーチキンは違います。
 はちみつをやや多めにして、子どもが食べやすいようにしているのです。それでいて、大人も大満足な味、というのがうれしい。

 カレー粉とはちみつ、その他隠し味を混ぜたヨーグルトソースに鶏肉を漬け込み、フライパンでさくっと焼く簡単贅沢レシピなので、誰でも手軽に作れます。
 その日食べてもおいしいし、作りおきにして翌日以降に食べても味がしみておいしい!
 ですから、わが家の子どもたちも、作った翌日のお弁当に、
「タンドリーチキン入れて!!」
 と朝起きた瞬間からリクエストが始まる。
 
これは見たことのない光景でした。この瞬間、鶏肉レシピと言えば、子どもたちがいちばん好きだった「鶏のから揚げ」が横綱から陥落! わが家にタンドリーチキンの黄金時代がやってきたのです。

 また、志麻さんによると、つけ合わせのブロッコリーについても、ゆで方次第で食感が全然違うので、ややかためにゆでてあげてコリコリ感を出してあげると、ブロッコリー嫌いなお子さんも喜んで食べてくれるのだとか。

 フランスでは離乳食あたりから子どもに野菜を食べさせるそうです。
 日本では、「子どもが野菜を食べないから野菜を出さない」というケースが多いのですが、志麻さんいわく「やわらかめ、かためなど、ゆで方ひとつで野菜を食べられるようになるので、どんどんチャレンジしていただきたい」とのこと。

 本書に詳細レシピがありますので、ぜひとも、今夜の晩ごはんにいかがでしょうか。志麻さんのタンドリーチキンは私のおすすめナンバーワンです。これは、ほんとにおいしい。
 お父さんもお母さんも、お子さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、嫌なことはみんな忘れて、みんな笑顔に変わること間違いなしです!

 冷蔵庫の食材でできる、志麻さんの色鮮やかなプレミアムレシピの数々は、連載第1回 http://diamond.jp/articles/-/140457 を、ぜひご覧いただければと思います。