[31日 ロイター] - 格付け会社のフィッチ・レーティングスは、日本の成長モメンタムは強まっていると指摘した。

フィッチによると、日本経済は非常に緩和的な金融政策の影響を受けており、これは企業向けの信用の伸びに反映されている。力強い信用の伸びと、労働市場が数十年で最も引き締まっていることに後押しされ、日本の成長モメンタムは今年第2・四半期に強まった。

フィッチは日本について、大幅な賃金上昇がなければ、インフレ率は近い将来に上向くことはなさそうだと指摘。堅調な成長パフォーマンスと労働市場にもかかわらず、インフレ率はさえないままだとした。