[東京 31日 ロイター] - 航空自衛隊は31日、グアムから飛来した米空軍のB1戦略爆撃機と九州周辺で共同訓練を実施したと発表した。米軍のF35戦闘機も加わり、これまでより訓練の規模を大きくした。日本を飛び越えて弾道ミサイルを発射するなど、挑発を繰り返す北朝鮮に一段と強い圧力をかけるのが狙い。

日本側はF15戦闘機2機が、米側はB1爆撃機2機と、米海兵隊岩国基地のF35B戦闘機4機が参加した。空自はこれまでもB1と訓練を行っているが、最新鋭のステルス機F35が加わったのは初めて。米軍機はこの後、韓国空軍とも共同訓練を実施した。

米太平洋軍空軍のオショーネシー司令官は声明で、「前方展開している我々の兵力は、同盟国に呼ばれればすぐに駆けつけ、壊滅的な対応で応える」と述べた。

日米はこの日午前に小野寺五典防衛相とマティス国防長官と電話で会談し、北朝鮮に目に見える形で圧力をかけ続けることで一致していた。

*内容を追加しました。

(久保信博 編集:吉瀬邦彦)