[ニューヨーク 31日 ロイター] - 31日公表された7月の米コア個人消費支出(PCE)価格指数の前年比上昇率は1.4%に鈍化したが、予想物価指標のブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は当初の伸びを維持した。

トレードウェブのデータによると、同日朝の時点で10年物BEI<USBEI10Y=RR><US10YTIP=TWEB>は1.76%と、前日引けの水準から0.7ベーシスポイント(bp)上昇した。

コアPCE価格指数の前年同月比は、連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注視している。