新型Surface Proが6月に発売され、即購入したものの周辺機器が出そろうのにしばらく待たされた。「Surface Pro Signatureタイプカバー」キーボードは7月、新型「Surface Pen」は8月に発売されることになったのだ。予約しておいたところ、ようやく先日届いたので、早速最強Surface Proを活用する技をご紹介しよう。

258
Surface Pro×Signatureタイプカバー×Surface Pen×Surface Dial

信頼できる最高品質の2in1タブレット端末

 MicrosoftのタブレットPC「Surface Pro」の新モデルが6月に登場。すでに「4」まで発売されていたが、ここでまさかのナンバリング撤廃。AppleのMacBookシリーズみたいだが、これが現在理想の端末、という意思を表しているとのこと。

 本来「5」にあたる新モデルは、「3」以降と同じく、アスペクト比3:2のディスプレーで、本体デザインはぱっと見ほぼ変わらず。細かく見ると、ボディーがわずかに丸みを帯びているのだが、本当に微妙な違いだ。インターフェースも変わらずだが、中身は大幅に改良されている。

 新Surface Proは6モデル用意されており、CPUはCore m3、Core i5、Core i7から選べる。Core i5とCore i7はメモリーとSSDの容量違いがあり、価格は10万5800円(税抜)から31万5800円(税抜)。当然、Core i7モデルを購入しようかと思ったら、Core m3とCore i5モデルはファンレスとのこと。ファンレスの静音性は魅力的だし、ファンレスということは発熱もそれほどではないということだろう。そこで、Core i5を選ぶことにした。

 端末サイズは201.42×292.10×8.45mm、重量は770g(i5モデル)と軽量だ。ディスプレーは12.3型で解像度は2736×1824ドット。画素密度は267PPIの細かさで、ドットはほとんど見えない。もちろんタッチディスプレーで10点マルチタッチだ。驚くのがバッテリー駆動時間。容量が45Whに増量され、13.5時間も動作するのだ。

 以前からだが、Surface Proのボディーは剛性感が高く、チープな感じがない。Microsoftが出すだけあり、品質重視というのがうかがえる。その分、端末価格はそこそこするが、信頼性のことを考えると十分なコストパフォーマンスといえるだろう。

258
新しい「Surface Pro」
258
現在購入できるのはCPU、メモリー、ストレージ違いの6モデル
258
スタンドをたためばタブレットスタイルに
258
背面に輝くWindowsのマーク。背面カメラは800万画素
258
インターフェースは前モデルと変わらず

 キックスタンドが改良され、165度まで開くようになった。ヒンジのデザインも変わっている。ペンを利用する際にほんの少しだけ傾けたい、という使い方ができるのはありがたい。

 インカメラは前モデル同様、Windows Helloに対応している。画面の上を見つめるだけで、Windowsにサインインできるのはとても便利。ちなみに、最初カメラがなくなったかと思うほど、目立たないデザインになっている。

258
スタンドは165度まで開く
258
スタンドを開いたところにmicroSDカードスロットが用意されている
258
Windows Helloのウェブカメラ。以前より目立たないデザインになっている

 OSがWindows 10 Proというのはありがたい。Office Home&Business PremiumにOffice365サービスも付いており、1年間利用できる。初めてWindows 10 PCを買うならありがたいが、すでにOffice 365を使っている人には特にメリットがないのが残念。期限延長などがあるとうれしいところだが。

258
OSはWindows 10 ProでOffice365サービス付き

雰囲気たっぷりで打ちやすいSignatureタイプカバー

 新しいSurface Proのタイプ カバーは前モデルと同様Alcantara(アルカンターラ)素材を採用しているが、新モデルはキーボード面にも使われている。イタリアのAlcantara社が手がけている製品で、スエードふう人工皮のなめらかな手触りがウリ。しかも皮っぽいのに、メンテナンスが不要なので高級車の内装などにも採用されている。ちなみにイタリアの会社ではあるが、出資は日本企業となっている。

 本体サイズは216×295×4.9mm、重量は310g。トラックパッドはガラス製で、クリック感は良好で、クリック音も大きい。キーボードは6列配列で、キーピッチはフルサイズなものの、カーソルキーはやや小さめ。LEDバックライトを搭載しており、暗いところでの入力も問題なし。キーはメカニカルキーでキーストロークは短く、デスクトップ用のキーボードと比べると確かにペタペタとした感触だ。とはいえ、Surface Pro3用のタイプカバーと比べればはるかに使いやすいし、ノートPCと考えれば文句の出ないレベルだろう。それよりも、Alcantara素材の高級感がいい感じで、喫茶店やコワーキングスペースでドヤりたくなる。ただし、価格は2万952円と少々お高め。

258
新しい「Signature タイプカバー」。購入したのはバーガンディカラー
258
「Signature タイプカバー」のキーボード配列。内部には加速度センサーを備える
258
タッチパッドはガラス製
258
キーのタイプやタッチパッドの操作感は良好。筆者としてはタッチパッドのクリック感はもう少しシャープで音も小さい方が好み

Surface PenとSurface Dialの操作は新感覚

 次は、操作デバイス2種をチェックしてみよう。8月15日に発売されたSurface Penも大幅にパワーアップしている。筆圧感知は1024段階から4096段階に向上し、傾き検知機能も搭載した。サイズは長さ146.1×直径9.7mm、重量は20g。接続はBluetooth 4.0となっている。ちなみに、価格も8424円から1万2744円にアップしている。

258
新しい「Surface Pen」

 「Surface Dial」は円柱状のデバイスで回したり押し込む操作が可能。こちらも、新Surface Proで利用できる。価格は1万1664円。直径59mm、高さ30mmのシンプルな形状で、押し込んだり回転させて操作する。重量は145gで、バッテリー駆動時間は12ヵ月間(1日4時間使用の場合)となっている。接続は、BluetoothでSurface Penと同じようにペアリングする。Microsoftのウェブサイトには「静電容量式タッチスクリーン検出 (Studio のみ)」と記載されているが、新Surface Proでも動作する。

258
左手で回転させて使う新操作デバイス「Surface Dial」
258
カバーを外し、ボタンを長押しするとペアリングできる
258
「設定」の「デバイス」→「Bluetooth」でデバイスを追加する

 和筆ドローアプリ「Zen Brush 2」(こちら)で落書きしてみる。Surface Penの筆圧感知は、とても反応がいい。軽くなぞると細く、強くすると太く変化する。傾きも検知してくれ、本当の筆で書いているようだ。さらに、Surface Dialにも対応している。画面上にSurface Dialを載せて長押しすると、リングメニューが現れて、各種ツールを利用できるのだ。ブラシサイズの変更も可能で、筆を動かしながら、左手でリングを回して太さを変化させるようなこともできる。

258
「Zen Brush 2」で筆のようにPenを走らせる
258
Surface Penの傾きも検知可能。ペン先のワイヤフレームが表示されている
258
Surface Penの筆圧感知は感度良好
258
Surface Dialを画面に乗せて長押しするとリングメニューが現れる
258
右手でSurface Pen、左手でSurface Dialを同時に操作して筆の太さを自在に変化させる

 OneNoteで手書きメモを書いてみたが、紙に書くレベルのスピードで書き殴っても、きちんと反応してくれるのがすごい。試しに思いっきり早く動かしてみたが、飛んでしまうようなことはなかった。遅延速度が21ミリ秒と高速になっているのが効いているようだ。

258
思いっきり早く動かしても途切れたりすることはない
258
文字の入力も紙と同じ感じでOK。OneNoteの出番が増えそうだ

古いドッキングステーションも利用できた

 モバイル端末のSurface Proだが、処理性能だけを見れば相当なもの。ベンチマークを取ってみると、Surface Pro 3と比べてCPUスコアは2倍、ストレージは3倍になっている。通常の使い方であればメインマシンとしても使えるだろう。そんな時に活躍するのがインターフェースを増強してくれる「Surface ドック」(https://www.microsoft.com/surface/ja-JP/accessories/surface-dock)だ。価格は2万7432円(税込)。電源端子に接続することで、Mini Displayポート×2、ギガビットイーサネットポート、USB 3.0ポート×4、オーディオ出力ポート、電源端子を備える。Surface Pro 3以降やSurface Laptop、Surface Bookで利用できる。

 しかし、とりあえず購入は見送り、Surface Pro 3用の「Surface ドッキング ステーション」が使えるかどうか試してみた。Microsoftのウェブサイトには、対応していないように書かれているのだが、ほとんど同じ形なので使えるかもしれないと期待したのだ。

 早速、Surface ProをSurface Pro 3用の「Surface ドッキング ステーション」に入れてみた。ちょっとひっかかったが、かちっと閉じて、あっけなく認識。充電もできているし、ドックのUSB端子も利用できた。

258
Surface Pro3(上)と新しいSurface Pro(下)のベンチマーク比較
258
「Surface ドッキング ステーション」に新Surface Proを装着
258
正常に動作し、もちろんタッチカバーも利用できた

 文句なしに神端末のSurface Proだが、フル活用するならSurface PenとSignatureタイプカバーが欲しい。以前のSurface Pro用の製品を流用することもできるが、筆者としては新たに買いそろえて大満足している。「Surface Dial」は操作が楽しい。必要かと言われれば現時点では趣味の範囲だが、今後対応アプリが増えれば思わぬ活用法も生まれそうだ。

 Surface Proとその周辺機器を揃えるとなかなかの価格になるが、その分満足することは請け合い。最高の2in1タブレットをビジネスにプライベートに活用してほしい。