[ニューヨーク 31日 ロイター] - 31日の米国株式市場で主要株価指数は上昇。米経済指標に反応したほか、税制改革への期待が高まった。

S&P500は3カ月ぶりに5営業日連続で上昇。前週の上値抵抗線だった50日移動平均線を上回ったことで投資家の上値指向が強まった。

ロバート・W・ベアード(ミルウォーキー)の機関投資家向けセールストレーディング部門マネージングディレクター、マイケル・アントネリ氏は「株価は過去最高値圏近くで推移しており、ハリケーンや北朝鮮を巡るいかなる混乱の影響もみられていない」と指摘。「市場が上昇トレンドにあることは確か」との見方を示した。

8月は主要3指数すべてが上昇し、月次の上昇率はS&P500が0.05%、ダウ平均が0.28%、ナスダックが1.27%だった。

ムニューシン米財務長官は31日、トランプ政権には税制改革の詳細なプランがあり、年末までの実施に向けて順調に進んでいると言及。30日にはトランプ米大統領が法人税を35%から15%に引き下げたい意向を示していた。

プルデンシャル・ファイナンシャルのチーフマーケットストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は「投資家がトランプ氏の言葉を真に受けていなくても、出来る限りのことをしてくれるだろうとの期待がある。これが何度も税制改革を聞いてきた市場の受け止めだ。トランプ政権が実行できるか見極めたい」と述べた。

また米経済指標にも注目が集まった。7月のコア個人消費支出(PCE)物価指数は約1年半ぶりの低い伸びとなり、米連邦準備理事会(FRB)が12月に利上げを行うとの見方が後退。また7月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比0.3%増と、市場予想の0.4%増をやや下回った。

ロバート・W・ベアードのアントネリ氏によれば、同経済指標を受け「強気の市場がまだ続いているとの見方が強まった」という。

一方、市場には1日発表の米雇用統計を前に様子見ムードも強い。投資家は同統計により、労働市場の強さを測り、次の米利上げに関する手掛かりを探ろうとしている。

業種別ではS&Pの主要11セクター中10セクターが上昇。S&Pヘルスケア<.SPXHC>が1.5%高で値上がりトップだった。

米医療保険最大手ユナイテッドヘルス・グループ<UNH.N>が1.5%高。ダウ構成銘柄の中で値上がりトップとなった。ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>、セルジーン<CELG.O>、バイオジェン<BIIB.O>が軒並み3%を超す上昇となり、ナスダック・バイオテクノロジー指数<.NBI>は2.8%高だった。

一方、米ディスカウント小売大手ダラー・ゼネラル<DG.N>は5.4%安。第2・四半期の利益率が低下した。

食品の米キャンベル・スープ<CPB.N>が8.1%安。S&P構成銘柄の中で値下がりトップ。2018年度の売上高が減少する可能性があると警告したことが嫌気された。

S&P500社のうち、52週高値更新は49銘柄、52週安値更新は10銘柄だった。ナスダックでは高値更新が117銘柄、安値更新が21銘柄だった。

米取引所の合算出来高は約62億株。直近20営業日平均は約58億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21948.10 +55.67 +0.25 21936.01 21985.76 21910.50 <.DJI>

前営業日終値 21892.43

ナスダック総合 6428.66 +60.35 +0.95 6385.80 6435.27 6383.58 <.IXIC>

前営業日終値 6368.31

S&P総合500種 2471.65 +14.06 +0.57 2462.65 2475.01 2462.65 <.SPX>

前営業日終値 2457.59

ダウ輸送株20種 9319.05 +9.26 +0.10 <.DJT>

ダウ公共株15種 743.24 +0.08 +0.01 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1114.31 +10.62 +0.96 <.SOX>

VIX指数 10.59 -0.63 -5.61 <.VIX>

S&P一般消費財 712.13 +3.52 +0.50 <.SPLRCD>

S&P素材 344.67 +2.82 +0.83 <.SPLRCM>

S&P工業 582.01 +2.10 +0.36 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 561.81 +0.28 +0.05 <.SPLRCS>

S&P金融 408.45 -0.03 -0.01 <.SPSY>

S&P不動産 202.98 +1.04 +0.52 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 461.61 +2.40 +0.52 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 938.28 +15.64 +1.69 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 156.85 -0.81 -0.51 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1012.14 +7.21 +0.72 <.SPLRCT>

S&P公益事業 277.28 +0.06 +0.02 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.42億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 19675 - 15 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 19675 - 15 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)