[31日 ロイター] - 韓国サムスン電子<005930.KS>は31日、米カリフォルニア州で自動運転車の試験の許可を受けたと発表した。同じく同州で許可を得たライバルの米アップル<AAPL.O>に4カ月遅れた動きとなる。

サムスン電子は5月、自社のセンサーやソフトウエアを搭載した自動運転車を試験する許可を韓国の当局から受けている。韓国の当局者は当時、同社が悪天候の状況下でも走行できる自動運転のアルゴリズムを開発するためにこの自動車を使う計画だと話していた。

サムスン電子はロイターに対し、同社が米国で具体的に何を試験する計画かについては言及しなかったが、「より高性能で安全性の高い将来の輸送手段を追求する中で」許可を確保したと説明した。

ただ同社は「自動車製造事業に参入する計画はない」と付け加えた。