操作性重視、情報感度のよい
ネット証券ユーザー

 ネット証券の特徴は、手軽さとオンライン取引時の操作性の良さです。運用額が300万円未満に絞ってみると、ユーザーは対面証券では約3割ですが、ネット証券では約5割に達します。投資に興味があって、株の運用を試してみたい、手数料のコストを抑えて少額から運用を始めてみたいというユーザーが多くいます。

 また大手のネット証券を中心に、投資信託の保有残高に応じてポイントを付与するサービス(例えば1万ポイントたまると現金等に換金できるというもので、サービス内容は各社異なる)を提供しています。

 ランキング上位のネット証券は、情報の探しやすさや掲載内容の分かりやすさ、処理スピードや操作の分かりやすさなど、オンラインの使い勝手に関して高い評価を得ています。

 株や投資信託を利用しているユーザーはまさに情報の探しやすさや処理スピードを求めるでしょう。とりわけ、投資信託の場合、金融機関が取り扱う商品数が非常に多くなっています。金融機関の担当者やFP(ファイナンシャルプランナー)に相談すればアドバイスを受けられる分、費用と時間がかかります。