[1日 ロイター] - 米エネルギー省は1日、ハリケーン「ハービー」の影響に対処するため、戦略石油備蓄(SPR)から最大450万バレルの放出をエネルギー長官が許可したと明らかにした。同省は前日、100万バレルを放出する方針を発表しており、350万バレルの追加放出が認められた格好だ。

マラソン・ペトロリアム<MRO.N>はスイート原油300万バレル、バレロ・エナジー<VLO.N>は同50万バレルを要請した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)