意外と言っては失礼だが、この夏に発売されたフェンダーのBluetoothスピーカー「NEWPORT」が良かった。「小型スピーカーとは本来このようなものです」と言われているようで、新鮮な驚きでもあった。

フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来
幅183mm×高さ133mm×奥行75mm、重さ1.5kg

 Bluetoothスピーカーはすでにコモディティー化していて、どこが作っても大きな差は見られない。標準的な設計は、おおむね幅20cm程度の筐体に小径フルレンジユニットをステレオで配置し、不足する低域をパッシブラジエーターとDSPで増強。

 結果として「サイズを超えた重低音!」としか表現しようのないキャラクターの製品が横溢することとなり、あとはデザインの好みと値段で選べばOKですね、という世界になっていた。なにしろ価格も数千円からスタートである。ブリスターパックで売られているイヤフォンと同じで、安いものを買っても、あればかならず役に立つ。しかしモノとしてのおもしろみは特になくなっていた。

 そこにエレキギターで有名なフェンダーから、Bluetoothスピーカーが登場。バッテリー駆動で小型の「NEWPORT」と、120Wの大パワーを誇る「MONTEREY」の2機種だ。

 今回は小さい方のNEWPORTを取り上げるのだが、税込価格で2万6784円。はっきり言って高い。BOSEだって2万円台前半なのに。

 つまり、これはFenderのロゴを貼り付けただけのマニア向け製品なのだな。そう高をくくっていたのだが、冒頭で申し述べたとおり、新鮮な小型スピーカーに仕上がっていたのだった。

「シルバーフェイス期」の要素でデザイン

 フェンダーと言えばエレキギターやベースが有名だが、実はそれにも増して重要なのはギターアンプだ。なにしろ、あのマーシャルだって最初はフェンダーのアンプをコピーして出発しているくらいだ。フェンダーが楽器用アンプを作っていなかったら、もしかすると現在のロックサウンドは成立していなかった。歴史的にはそれくらい重要なポジションにある。

 NEWPORTは、そうしたフェンダーのギターアンプをイメージする要素がつぎ込まれている。ヘアラインシルバーのパネルにブルーのラインが引いてあるのは、TWIN REVERBやDELUXE REVERBのような、いわゆる「シルバーフェイス」期のアンプにならったものだろう。電源を入れるとブルーのインジケーターも点灯するし、ノブの形状はいわゆるハットノブ(正確にはWITCH HATと言うらしい)で、わかる人にはわかるフェンダー要素が詰め込まれている。

 でも、小型のスピーカーなら、旅行カバンのようにツイード生地を張り込んた「ツイード・アンプ」の意匠も可愛らしくて良かったのではないかと思う。だが、あちらはカッコよく歪むイメージなので、オーディオ用スピーカーとしては敬遠されたのだろうか。

フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来
ヘアラインシルバーのパネルにブルーのラインは、シルバーフェイス期の意匠にならったもの。ハットノブで操作できるのは、VOLUMEとTREBLE/BASSの2バンドEQ。EQはノブの目盛り「5」がフラットポジション
フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来
電源はレバー式のトグルスイッチで、インジケーターは青色のLED点灯
フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来
ちなみに、こちらはストラトキャスターに使われているハットノブ(年季の入った私物のため汚くて申し訳ない)

5200mAhの大容量バッテリー搭載

 Bluetoothスピーカーの機能は、ごく普通。Bluetooth 4.2に準拠して、コーデックはapt-X、AAC、SBCに対応。マイク内蔵で通話にも対応し、着信対応用の「TALK」ボタンも付いている。

 フェンダーらしいのは、電源投入、ペアリング待機、ペアリング成立、そのほかの動作ポイントで、通常のビープ音に替えてギターのサウンドが鳴ること。各々が丁寧に録られたニュアンス豊富なフレーズで、これは実際に購入してからのお楽しみ。だが、このギター音は常に一定の音量で鳴り、ボリュームを「0」にしてもミュートできない。

 内蔵するリチウムイオンバッテリーは5200mAhの大容量で、3時間のフルチャージで最大12時間再生できる。ついでにモバイルバッテリーとしても使えるよう、給電用のUSB端子も付いている。レジャー用に1台持っていくと、便利に使えるスピーカーでもある。

フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来
本体の電源はDC15V仕様で、付属のACアダプターを利用して充電する。外部音声入力として3.5mmのステレオミニ、電源出力用のUSB端子(5V1A)が付く
フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来
付属品は15V仕様のACアダプターと、ステレオミニのオーディオケーブル、そしてモバイルバッテリーとして給電する際に使うUSBケーブル(Type-A→microB)

スピード感あるタイトなローエンド

 ユニット構成はフルレンジ発とツイーター1発。メーカー公式のスペックにユニット口径の記載はないが、見たところウーファーはだいたい6cm、ツイーターは2cm程度のように見える。いさぎよくパッシブラジエーターはない。

 最大出力は30W。ギターアンプの感覚で言えばバンドの中で戦えるような大出力だが、そこは全然大したことがない。机の上で徐々にボリュームを上げていくと「ちょっと大きいかな? や、上げすぎた、ちょっとうるさい」と思った頃には、音はバリバリに歪んでいて音楽どころではなくなっている。つまり、室内でリスニングに使うには、ちょうどいいパワーだ。

フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来
少々見づらい写真で申し訳ないが、上中央にツイーター、下左右にフルレンジが2発、バッフル面を目一杯使ってマウントされている

 その程度のパワーで鳴らすと、これが実にいい。小型フルレンジユニット2発にツイーターという組み合わせは、中高域の解像感、そして強弱のはっきりしたダイナミックさをもった、スピード感ある低域を再生するのにはもってこいのようだ。帯域バランスも小型のモニタースピーカーのようで好ましい。

 パッシブラジエーターとDSPで低域を盛りまくったこのクラスのスピーカーは、たしかに低域の音圧感には恐るべきものがあるのだが、残響の多いフロアで聴いているような感じで、いまひとつ低域の収束が良くない。そこが臨場感ということでウケる要素なのだが、スタジオでタイトに録られた「ガツン」と前に出て来る感じのキックとベースは、ソリッドさが削がれてしまって台無しになってしまう。

 このスピーカーはユニット構成からわかるとおり、モノラル再生にはなってしまうが、小型でステレオ構成にしても、大した音場感は得られないので、レイアウトとしては正解だ。少々お高いが、大人向けのド直球ストレートなサウンドは、たしかにフェンダーのアンプらしいのかなと思った。

 次回は120Wの大パワーを誇る大きい方のフェンダー製Bluetoothスピーカー「MONTEREY」をチェックしてみたい。

 
フェンダーの小型Bluetoothスピーカーはいまの市場にない斬新な出来