[東京 3日 ロイター] - 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、北朝鮮に対する制裁強化に関し、原油の禁輸も「様々な選択肢の中に入る」との認識を示した。その上で、「北朝鮮に対してどのような圧力を強化していくことが最も効果があるのか、その観点から厳しい対応を真剣に検討していく」と語った。

政府は、北朝鮮による核実験を受け、北京大使館ルートを通じて厳重に抗議。菅長官は、日米韓で国連安全保障理事会の緊急会合の開催に向け、調整を開始したことを明らかにした。

今回の核実験で観測された揺れから「極めて大きなエネルギーが使われた」との見方も示した。

菅長官は会見で「北朝鮮の政策を変えるために圧力を強めていく」とあらためて強調。米韓両国とは「首脳、外相、防衛相でそれぞれ緊急に連携を深めていく」と述べた。

(梅川崇 編集:田巻一彦)