[東京 4日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比75円51銭安の1万9615円96銭となり、反落して始まった。3日に北朝鮮が過去最大規模の核実験を実施したことで、地政学リスクの高まりが意識された。

円相場が1ドル109円台後半まで強含んだことも重しとなっている。寄り後に下げ幅は100円を超えた。業種別では、海運、非鉄、医薬品などが安い。半面、空運、鉱業、石油・石炭製品はしっかり。

(※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)