[東京 4日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の109.76/78円だった。北朝鮮が3日に核実験を行ったことを受けて早朝には109円前半に下落したが、その後切り返し、109円後半に持ち直した。核実験の材料消化が進んだ後は、軟調な日経平均を眺めて伸び悩んだ。

午後のドル/円は、日経平均のマイナス推移が続くのを眺めつつ動意に乏しくなった。北朝鮮の核実験の消化はひとまず一巡したとみられ、午後の商いは薄くなったもよう。

もっとも、核実験は材料として「欧州時間に蒸し返されないか警戒は必要」(国内金融機関)との声もある。米国はレーバーデーの祝日。

午前のドル/円は、3日の北朝鮮による核実験の報道を受け、早朝には109.22円まで下落した。市場が薄い中、短期筋から仕掛け的な円買いが入ったとみられる。その後は下げが強まらず、午前7時ごろにかけて109円後半まで持ち直した。

トランプ米政権は、北朝鮮が「レッドライン」を越えれば軍事行動を辞さない構えを見せている。軍事衝突に発展した場合は株安を伴ってドルも108円台へ下落する可能性はあるが、市場は今のところ、一過性のリスクとして処理しているもよう。

北朝鮮が過去最大規模とされる核実験を行ったにもかかわらずドルが109円台を維持したことで、下攻めは難しいとの見方も聞かれた。

一方、ユーロは欧州中央銀行(ECB)の量的緩和縮小の準備が12月まで整わないとの観測報道を受けて、ユーロ売り/ドル買いが強まった。7日に開催されるECB理事会が注目されている。ユーロ圏は経済成長がしっかりしている半面、物価上昇力は弱い。

ECB当局者は急激なユーロ高と性急な政策変更によるネガティブな影響を意識しているとみられ、「金融緩和政策の変更(テーパリング)に積極的な姿勢を示す可能性は低い」(外資系証券)との指摘がある。理事会までユーロは1.20ドルが上値めどになるとの見方が示されていた。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 109.76/78 1.1883/87 130.45/49

午前9時現在 109.79/81 1.1880/84 130.45/49

NY午後5時 110.25/27 1.1857/61 130.72/76

(為替マーケットアイ)