[東京 5日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比25円13銭高の1万9533円38銭となり、小反発で始まった。前日の米国株市場が休場、為替も小動きと外部環境に変化がない中、前日下落の反動で小口の買い戻しが先行した。

北朝鮮リスクに対する警戒感は根強く、寄り後は伸び悩んでいる。業種別では、非鉄、鉄鋼、石油・石炭などが高い。半面、海運、ゴム製品、建設などはさえない。

(※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)