[サンティアゴ 4日 ロイター] - チリのサンティアゴで4日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.UL>やキャビファイなどの配車アプリサービスに抗議するタクシー運転手らが国際空港に続く幹線道路を封鎖した。これに伴い1人が死亡したほか、旅行者などに深刻な影響が出ている。

報道によると、地域最大の航空会社LATAM航空グループ<LAN.SN>や格安航空会社(LCC)のスカイで遅延が発生。テレビ映像では、車が何キロも渋滞し、多くの空港客が高速道路を歩く姿が見られた。

チリ警察は、渋滞に巻き込まれたブラジル人の男性観光客(65)が心臓疾患を発症し、医療ヘリで搬送されたものの死亡したと発表したが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

サンティアゴ首都州のオレゴ知事は記者団に「タクシー運転手による今回の行為は、チリおよび航空会社のイメージを著しく傷つけたほか、到着した人や移動する人に被害を及ぼしている」と述べた。その上で、すでに少なくとも15人が逮捕されたと付け加えた。

チリでは、ウーバーやキャビファイは法律上グレーゾーンにあり、議会で規制が審議されている。当局は利用者には制裁を課すとする一方、こうしたサービスの既存の規制に組み込みたい意向も示している。