[ロンドン 5日 ロイター] - 英自動車工業会(SMMT)が5日発表した8月の国内自動車販売は前年比6.4%減の7万6433台となり、2011年以降で最長となる5カ月連続の減少となった。

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不透明感やディーゼル自動車に対する課税懸念が影響した。

ディーゼル車は21.3%減。ガソリン車は3.8%増となった。

SMMTのトップ、マイク・ホーズ氏は、9月は新たなナンバープレートの発行時期に当たるため年間販売の約15%を占めるとし、需要は堅調とみていた。