[5日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は5日、連邦準備理事会(FRB)のこのところの利上げは物価上昇と賃金の伸びの鈍化につながっている可能性があり、米経済に対する「実質的な阻害」要因となっている恐れがあるとの考えを示した。

同総裁はミネソタ大学のビジネススクールで行った講演で「労働市場にはわれわれの想定よりも多くのスラック(緩み)が存在している可能性がある」とし、FRBはインフレ期待が低下するのを容認している可能性があると指摘。「FRBの利上げは経済を実質的に阻害している恐れがある」と述べた。

カシュカリ総裁は今年に入ってからのFRBの利上げに反対票を投じている。