[サンフアン(米自治領プエルトリコ) 5日 ロイター] - 米国立ハリケーン・センター(NHC)は5日、カリブ海の大型ハリケーン「イルマ」が同日夜から6日朝にかけて米自治領プエルトリコ付近を通過するとの予想を発表した。週末までには米南部フロリダ州に上陸する可能性があるという。

NHCはイルマを5段階中最強の「カテゴリー5」に引き上げ、プエルトリコの東に位置するリーワード諸島、米領バージン諸島、英領バージン諸島、プエルトリコ、ドミニカ共和国に暴風と豪雨、高潮への警戒を呼び掛けた。

フロリダ州のスコット知事は非常事態を宣言。トランプ大統領にも「上陸前」の非常事態宣言を発令するよう求めたことを明らかにした。

プエルトリコのロセジョ知事は340万人の住民に対し、上陸に備えて460カ所の避難所に身を寄せるよう呼び掛けた。

米本土を直撃した場合、8月末に南部テキサス州を襲った「ハービー」に続く大型ハリケーンの襲来となる。NHCによると、イルマは大西洋で発生するハリケーンとしては過去80年間で5本の指に入る勢力。今後数日間はカテゴリー4か5の勢力を維持する見通しだという。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)