[東京 6日 ロイター] - 茂木経済財政相は6日都内で講演し、日本経済の「需給ギャップが縮小するなかで、最大の課題は潜在成長率の引き上げ」と強調し、生産性向上など供給サイドの改革を重視する姿勢を示した。 

北朝鮮を巡っては、「中国とロシアにも大きな役割を期待したい。中国には石油の禁輸措置を促していきたい」と述べた。