[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日午後の会見で、政府として非核三原則見直しの議論をすることは考えていないと語った。石破茂元防衛相が報道番組で北朝鮮の核開発への抑止力として、米軍の核兵器の国内配備について議論を始めるべきだとの見方を示したことに関連して述べた。

「(核を)持たず、作らず、持ち込ませず」としている非核三原則の見直しを示唆した石破氏の発言について菅官房長官は「(非核三原則を)政策の方針として堅持している。政府としてはこれまでも見直しの議論をしてきておらず、これからも議論することは考えていない」と明言した。

(石田仁志)