[ミラノ 6日 ロイター] - イタリア経済財務省当局者のファブリツィオ・パガーニ氏は6日、同国の2017年の国内総生産(GDP)成長率が1.5%を超える可能性があると述べた。

同省としての公的な見方ではなく、パガーニ氏の個人的な見解だという。

同国政府は月内に、今年の成長率予想を現在の1.1%から1.4%前後へ引き上げると見込まれている。