[東京 6日 ロイター] - 日銀と欧州中央銀行(ECB)は6日、仮想通貨ビットコインの基礎技術である分散型台帳について昨年12月にはじめた共同研究の報告書を公表した。

中央銀行が運用する資金決済システムの一部について分散型台帳の技術を応用する実証実験を行ったところ、応用可能だと評価。決済システムの障害への耐性などを高められる利点があるとしている。ただ取引参加者が増えると、処理時間が増大する例もあり、現時点の分散型台帳技術の大規模な決済システムへの応用には課題があるとの見解も示している。

(竹本能文※)