[ヨハネスブルク 6日 ロイター] - 米朝間の緊張激化が金相場を押し上げるなか、南アフリカランド<ZAR=D3>が6日の取引で2カ月半ぶりの高値をつけた。

1510GMT(日本時間7日午前0時10分)時点で、南アランドは0.66%値上がりして1ドル=12.8200ランド。

南ア株式市場は主要株指数トップ40<.JTOPI>が約1.3%安、全株指数<.JALSH>は約1.2%安で引けた。

親会社の英携帯電話大手ボーダフォン<VOD.L>が、一部株式を売却したことを嫌気してボーダコム<VODJ.J>株が下落し、相場の重しとなった。