[東京 7日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比75円47銭の1万9433円44銭となり、4日ぶりの反発で始まった。前日の米国株の上昇や、ドル高/円安に振れた為替相場を受け、外需大型株に買い戻しが入っている。

原油高を背景に、石油関連株が堅調。足元では東証33業種全てが値上がりしている。TOPIXは続伸し、1600ポイントを回復した。