[ロンドン 6日 ロイター] - ルクセンブルクの金融業界の発展を促進するルクセンブルク・フォー・ファイナンス(LFF)は、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、ルクセンブルクで約3000の雇用が創出されるとの見方を示した。

英EU離脱後を見据え、ロンドンに拠点を置く一部の資産運用会社や保険会社はルクセンブルクで業務を拡大する計画を既に発表している。

LFFのニコラ・マッケル最高経営責任者(CEO)は、ロイターとのインタビューで、今後2年の間に約3000の雇用ができると指摘し、資産運用会社に関しては、ロンドンから人を異動させるのではなく、主に現地で採用することになるだろう、との見方を示した。