[東京 7日 ロイター] - 自民党の宮沢洋一税制調査会長は7日、ロイターなど報道各社とのインタビューで、所得税改革に関し「政治的には相当注意をして議論を深めて決めないといけない」と述べた。一方、「大きく世の中が動いているのも確かで、今年度多くの分野で結論が出るような努力をしていきたい」とも語った。

2019年10月の消費増税を巡っては、「(税率が)引き上げられることを前提にした議論になるが、恐らくそれを前提として何とかするような他の税制はないだろう」と指摘した。

(梅川崇)