[北京 7日 ロイター] - 中国国家外為管理局(SAFE)は7日、同国の8月外貨準備高は国際金融市場で資産価格が上昇したことを受けて押し上げられたと指摘した。

SAFEは声明で、国境を越えた資本移動や外国為替市場の需給は8月も引き続き均衡状態にあったとし、外貨準備高は今後も「比較的適切な」水準で推移するとの見方を示した。

中国人民銀行は同日、8月末の外貨準備高が前月比105億ドル増の3兆0920億ドルと、7カ月連続で増加したと発表した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)