[ウラジオストク(ロシア) 7日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は7日、安倍晋三首相と会談後に発表した声明で両首脳が北朝鮮の核・ミサイルプログラムを「強く非難」したことを明らかにした。

プーチン大統領は声明で「われわれは、北朝鮮による8月28日の中距離ミサイル発射、および9月3日の新たな核実験を強く非難する」とした。

そのうえで、北朝鮮を巡る危機は政治的手段のみにより解決する必要があるとし、ロシアが中国と共同で提唱しているロードマップを通した解決を呼び掛けた。

ロシア極東ウラジオストクでは東方経済フォーラムが開催されている。