[ワシントン 7日 ロイター] - 米共和党は週明け11日に上院で医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃・代替に向けた新たな法案を公表する。法案を策定した共和党上院議員の一人、ビル・カシディ議員(ルイジアナ州)が明らかにした。

カシディ議員は記者団に対し、法案が9月30日までに可決されると楽観していると発言。上院で賛成票を50票集められれば、上院議長を兼ねるペンス副大統領の1票を追加して可決できるとした。

新たな法案は、州政府に医療保険に関するより大きな権限を与える内容。カシディ議員は、ペンス副大統領を含む政権幹部の支持を得ていると述べた。

共和党は上院で過半数の52議席を占めるにもかかわらず、7月時点でオバマケア改廃法案を僅差で可決できなかった。

共和党の上院院内幹事、ジョン・コーニン議員は「50プラス1票を確保するのは容易ではないが、可能性はあると考えている」と語った。

新たな法案が上院で可決される場合、両院協議会での調整を経て、両院で再度採決を行うことになる。