[東京 8日 ロイター] - 茂木敏充経済再生相は8日の閣議後会見で、同日公表された4─6月期の国内総生産(GDP)2次速報が1次速報から下方修正された理由について、「輸送用機械(自動車)や電機の大規模設備投資が一服し、設備投資が下方修正されたため」と説明したが、「水準は高水準」と評価。実質成長率も「2015年1─3月以来の高い伸びであるのは変わりない」と指摘した。

企業の内部留保について「増えるのは悪いことではないが、設備投資や賃上げに向かうことが重要」と指摘。企業が設備投資や賃上げを進めやすいように「政府は環境整備を進めてきており、経済界、産業界にしっかり応えてもらうのが重要」と注文をつけた。

*内容を追加しました。

(竹本能文)