[北京 8日 ロイター] - 中国税関総署が8日明らかにしたデータによると、8月の中国の鉄鉱石輸入は8866万トンとなり、前年同月比1.1%増加した。鉄鋼価格の急騰を受け、高品位の鉄鉱石の需要が増えた。

鉄鉱石輸入は前月比では2.8%増。

1─8月の鉄鉱石輸入は7億1398万トンで、前年同期比6.7%増加した。

上海先物取引所の鉄筋先物<SRBcv1>は8月に8.5%上昇。

一部の製鋼所は収益確保のため、メンテナンス作業を先送りして生産を強化した。

鉄鉱石価格<DCIOcv1>は8月に5.5%超上昇。月末には5カ月ぶり高値を付けた。

Agronauts Securities(香港)のアナリスト、Helen Lau氏は「鉄鋼生産は比較的強い状態が続いているため、輸入は引き続き高水準で推移するだろう。中国の冬期の減産は11月半ばまで発生しない見通し」と指摘。「中国の国内鉄鉱石生産も、生産拡大を妨げる環境保護政策により、抑制され続けている」と述べた。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)