[ソウル 8日 ロイター] - 日銀の中曽宏副総裁はソウルで講演し、労働市場のタイト化がインフレ押し上げにつながるが、物価目標の2%達成にはもう少し時間がかかるとの見方を示した。

副総裁は、日本経済の状態は良く現在の労働市場は「かなりタイト」と述べた。