[ハンブルク(ドイツ) 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は8日、ECBは政策スタンスの微調整を行う適切なタイミングを逃さないよう慎重に行動すべきだとの見解を示した。

ECBは7日、超緩和的な政策を据え置き、資産買い入れプログラムを巡る決定は10月に行う可能性が高いとした。