格安SIM、格安スマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。海外でもリリースされたばかりのASUS「ZenFone 4」のティザーサイトが公開。15日には早くも国内発表!? また、IFA 2017ではモトローラが新機種の国内投入を公表している。

11
ZenFoneシリーズはこれまで国内発売まで若干間があったのだが、今回は早くも今週にも発表!?

9月15日国内発表を公式サイトで予告しているASUS
ZenFone 4のどのモデルが登場する?

 ASUSが、ティザーサイトで9月15日になんらかの発表することを予告している。サイト上の「WE LOVE PHOTO」のメッセージからも8月18日に台北で発表会が行なわれた「ZenFone 4」であるのは、ほぼ間違いがないところ。昨年のZenFone 3は、海外発表から国内リリースまで数ヵ月の機関があったため、「年内くらい?」という予想もあったが、いい意味でそれを裏切る形になりそうだ。

11
ZenFone 4

 ZenFone 4シリーズの特徴は、前述のメッセージからもわかるように何と言ってもカメラ。無印の「ZenFone 4」と上位モデルの「ZenFone 4 Pro」はリアのメインカメラがデュアル、セルフィー重視の「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」はフロントカメラがデュアルになっている。カメラ自体もソニー製センサーを搭載するなど性能も高い。

11
台北での発表会時のZenFone 4の実機写真(撮影:中山智)

 その他のスペックでも、ZenFone 4はSnapdragon 660または630で、6GBメモリーモデルも用意される。上位のSnapdragon 4 Proは、さらにCPUがSnapdragon 835だ。気になるのはディスプレーサイズ。ZenFone 3では国内では5.2型が先行してリリースされたが、海外で発表されているのはいずれも5.5型モデルだ。どのモデルが発表されるかなど、詳しくは9月15日を期待して待ちたい(ちなみにASUS JAPANが公開している動画では、インカメラがデュアルの機種も映っている)。

デュアルカメラ搭載の「Moto X4」がIFAで公開
SIMフリーで国内発売の可能性あり?

 ドイツ・ベルリンで9月1日から開催された欧州最大のエレクトロニックショー「IFA 2017」。スマートフォンの新製品も多数公開されたが、日本でもSIMフリースマホとして投入される可能性が高そうなのが、モトローラ「Moto X4」だ。

レノボ
IFAで発表された「Moto X4」。日本での発売も予定(撮影:平澤寿康)

 Moto Xシリーズは、ハイエンドの「Moto Z」、ミドル~ミドルハイの「Moto G」の間に位置付けされる。Moto X4は、Moto ZシリーズのようなMoto Modsによる機能拡張には非対応だが、5.2型の手頃なサイズに充実した性能が魅力的だ。特にカメラは最新トレンドのデュアルカメラを採用。標準+広角の組み合わせで、標準側はモトローラ端末ではおなじみのデュアルピクセルAFに対応したタイプ、広角側は800万画素。インカメラは1600万画素。

 そのほかのスペックは、フルHD解像度の5.2型液晶、Snapdragon 630、3GBメモリー、32GBストレージ、3000mAhバッテリー、Android 7.1など。またIP68の防水・防塵性能を持っている点も日本のユーザーには注目と言えるだろう。

月1000円前後の人気格安データ通信サービス(税込)
(音声通話付きのSIMは前回分をクリック

月1500~2000円台の人気格安データ通信サービス
(すべて税込)

※1:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円。