白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱休場の9月場所が幕を開けた。

 横綱が揃って盤石の強さを発揮し、優勝争いでしのぎを削る構図が大相撲本来の盛り上がりを生む。その横綱が日馬富士ひとりになってしまった。場所前、八角理事長(元横綱北勝海)は3横綱休場を「申し訳ない気持ち」と語ったが、相撲ファンの多くも横綱の対決が見られないのは残念だろう。

 また、前頭二枚目の碧山、十二枚目の佐田の海も休場となった。とくに碧山は先場所(7月場所)、13勝2敗と絶好調で千秋楽まで優勝の可能性を残す活躍を見せた。ブルガリア出身の碧山は外国人力士特有のパワーを持っているが、腰高の弱点をなかなか克服できず、最近は勝ち越せるかどうかのギリギリの場所が続いていた。が、先場所はその弱点によるもろさを見せず、ひと皮むけた印象があった。このまま小結、関脇と駆け上がりそうな勢いがあり、対戦相手から見れば脅威の存在になっていたはずだ。また二日目には、大関高安と前頭四枚目の宇良が負傷し、今後の出場が危ぶまれる。

 つまり今場所は3横綱に加え、注目力士が何人も土俵から消えかねないわけだ。だが、見方を変えれば別の楽しみが生まれたともいえる。他の幕内力士にとって3横綱が不在なのは優勝を狙える絶好のチャンス。誰もが本気で優勝を狙って土俵に上がるはずで、いつにも増して激しい相撲が見られそうなのだ。

初日から5人の役力士に土
優勝候補筆頭はやはり日馬富士だが

 初日は横綱日馬富士と大関高安は勝ったものの他の5人の役力士はすべて敗れた。小結玉鷲は松鳳山に、関脇嘉風は千代大龍に、関脇御嶽海は阿武咲に、大関照ノ富士は北勝富士に、大関豪栄道は琴奨菊に。今場所は役力士にとって、優勝に手が届くチャンスなのだが、いずれも平幕に星を落とした。これは平幕力士のやる気の現れともいえる。幕内力士全員が優勝争いに絡みたいという思いがあるからこそ初日から、このような結果が続いたのではないだろうか。誰が優勝してもおかしくない波乱の場所になりそうなのだ。