[北京 11日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は、国連安保理決議の実行についての通告を行った。具体的な決議の内容や関係する機関については明らかにしていない。

通告では中国の金融機関や特定の非金融機関に対し、関係する個人や組織に関するシステム内での記録と、外務省決定の通知があれば遡及調査を実施するよう求めている。

通告ではどの国連決議か、あるいは対象となる個人や機関を特定していない。

国連安保理は11日、新たな北朝鮮制裁決議を採決する予定。