[ロンドン 11日 ロイター] - 格付会社ムーディーズは11日、ハリケーン「イルマ」による被害で米フロリダ州の保険会社は大きな損失に直面するとの見方を示した。

大手損害保険会社は、住宅や商業不動産、自動車の被害に対する保険休請求で膨大な損失が発生する見込みという。

「特にフロリダ州に特化した保険会社と再保険会社は損失が甚大。全国的な大手保険会社は、大規模イベントに対応できるかなりのリソースがある」と指摘した。

フロリダに特化した大手損害保険会社はFHCF、ロイズ・オブ・ロンドン、アリアンツ、東京海上、エベレスト・リー、W.R.バークレー、XLグループ、エンデュランス、チャブ、パートナー・リーなど。